看護師さんのための転職サイト<診療科目別>

小児科への転職

小児科とは、一般には15歳程度までの乳児・幼児・児童・生徒などに対する、病気などの治療を行う診療科とされています。また、予防接種や健康診断なども行っているのが一般的とされています。

この小児科への転職を希望する看護師には、一にも二にも、子供好きである事が要求されます。また、床を這ったりする子供も多数訪れる事から、常に清潔を心がける事のできるマメさも必要とされています。小さなクリニックなどの場合には、外来が主となっていますので、夜勤が発生する事はありません。しかし大きな病院ともなると、やはり入院設備が整っていますので、夜勤が発生してきます。

小児科の病棟には、生まれたばかりの乳児もおり、また、小さな子供の入院ともなると保護者が付き添って泊まる事も考えられるため、さまざまな点で神経を使う必要が出てきます。相手は子供ですから、寝る時間に寝ろと言っても、思うようにはいきません。泣く・騒ぐ・ぐずるなど、さまざまな要求をしてくるのが子供です。

こうした、予測のできない行動を取る子供に対しても、大きな心で見守ってあげる事のできる看護師でなければ、小児科は勤まりません。近年、産婦人科の激減と共に、小児科も減少傾向が見られました。子供相手のため、看護師を多数必要としてしまい、経営が成り立たないといったような理由だったようです。確かに小児科では、泣き、暴れる子供も多く、そのために看護師が非常に多数必要とされる傾向がありました。

このように、さまざまな理由から、医師ですら小児科は敬遠する傾向が顕著となり、よほどの子供好きでなければ小児科は勤まらないと言われるようになったのです。ですから、小児科の看護師に転職したいのであれば、とにかく子供好きでなけれなならず、また、大きな心で受け入れることができる必要があるようです。

小児科の看護師に転職するには、転職支援サービスの利用をするとスムーズです。小児科の看護師募集は、それほど多くありません。ですから、転職支援サービスを利用して、小児科の求人情報探しから始めたほうが無難なのです。看護師の転職を専門的に手がけるリクルートナースバンクなどを利用すれば、情報量は非常に多く、多くの実績を残していますので、安心して利用する事ができるでしょう。また、高待遇な転職を成功させる事も可能となりますので、多くの看護師に好評を得ていると言います。転職支援サービスを利用して、小児科への転職を成功させましょう。

>> TOPページで看護師転職サイトの人気ランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 看護師さんのための転職サイト<診療科目別> All Rights Reserved.