看護師さんのための転職サイト<診療科目別>

呼吸器外科への転職

呼吸器外科とは、肺や気管支など呼吸器と呼ばれる臓器の病気などを取り扱っており、その中でも主に手術を必要とする疾患について対象としている診療科のことを指します。

呼吸器外科で最も多く取り扱われているのが肺がんや肺にできる良性腫瘍、気胸などだと言われています。こうした疾病における外科的治療では、手術による除去が必要となりますが、最近では内視鏡によって施術が行われる事がほとんどなのだと言います。また、病巣を切除した後は、放射線治療が施される事が多く、放射線科との連携も重要となってきます。

呼吸器外科では、肺がんのオペが非常に多く施されており、当然入院の必要が出てきます。ですから、呼吸器外科の看護師には、夜勤がついて回るといえます。また、がんなど大きな病気の治療が行われる診療科ですので、その家族への対応などにも神経を使う事になります。呼吸器外科の看護師に転職したい場合には、このようなさまざまな点への配慮が必要とされ、夜勤がこなせる事も条件となってきます。

ですから、呼吸器外科の看護師になりたい場合には、転職支援サービスに登録し、プロのコンサルタントによるアドバイスを受けるなどしたほうが、よりスムーズで、失敗のない転職ができると言えます。日本人の三大死因の一つであるがん、その中でも非常に多い部類に入ると言われる肺がんを扱う診療科ですので、患者数は常に多いと覚悟しなければなりません。

近年、医療の進歩によって、入院日数が短くて済むようになりつつありますが、がんに関しては、放射線治療や予後の心配がありますので、それほど短期になるという傾向はないようです。もちろん、進行の具合によっては早期に退院できる事もあるようですが、そうした場合の対応や配慮にも気をつけなくてはなりません。また、がんの場合には、誰もが「死」を意識する傾向にありますので、患者にさまざまな質問を投げかけられる事もあるでしょう。

そういった場合にも、医師の許可なしに話して良い部分とそうでない部分、これをしっかりと認識しなくてはならないでしょう。呼吸器外科に限らず、がんなど生命の存続に直結するような大きな病気を取り扱う診療科では、患者だけでなくその家族に対する配慮や気遣いが非常に重視されると言います。患者もその家族も非常に神経がピリピリしやすい環境となってしまうためなのですが、呼吸器外科の看護師になるのであれば、そうした全てが理解できなくてはならないようです。

>> TOPページで看護師転職サイトの人気ランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 看護師さんのための転職サイト<診療科目別> All Rights Reserved.