看護師さんのための転職サイト<診療科目別>

泌尿器科への転職

泌尿器科とは、主に男性の性器に関する病気や性感染症などを取り扱う診療科として知られていますが、実はそれだけではなく、腎臓の病気や、女性の結石などについても取り扱っているようです。もっとも、女性の性器に関する病気については、婦人科で取り扱う事が通常とされており、泌尿器科で扱う女性の病気は、結石くらいだと言います。

この泌尿器科で扱っている病気は、腎臓や膀胱、前立腺などのガン、結石、尿道炎などが主となっており、子供の夜尿症なども対象としていると言います。

こうした、一種独特な診療科である泌尿器科の看護師に求められるものは、性感染症なども対象にしている事が多い事から、誠実に仕事をこなす人柄と言えそうです。診療の合間におしゃべりばかりしているようでは、患者から不安の声が聞こえてきます。また、泌尿器科ではそのほとんどが男性患者であるといった事から、年配の看護師や男性看護師などが求められていると言えます。若い男性患者などは、若い女性看護師が担当では、恥ずかしさが先にたってしまうと言えるのです。例にたとえると、婦人科に男性看護師がいるようなものでしょうか。ですから、泌尿器科の看護師には、若い女性はあまり向いているとは言えません。

しかし泌尿器科で勤務したいという看護師は、ぜひ、転職支援サービスを利用してみてください。年齢の若い女性看護師でも問題なく勤務できる泌尿器科が見つかるはずです。もちろん、求人情報に「若い看護師は不可」としてある事はありませんが、患者が男性ばかりであり、しかも性器の病気である事が多い泌尿器科ですから、一般論としては年配の看護師あるいは男性看護師のほうが理想的である事は間違いありません。大きな病院などでは、病院内で配置転換があり、いやおうなしに泌尿器科へ配属になる事があるようですが、小さなクリニックなどの場合には、年配のベテラン看護師が採用されている事が多いようです。

こうしたさまざまな事を踏まえ、転職支援サービスに相談してみる事をお勧めします。仮に、小さなクリニックでは年配のベテラン看護師しか採用しないというような事があるのであれば、大きな病院への転職をし、泌尿器科へ配属になるのを待つという方法も取れそうです。いずれにしても、転職支援サービスで最適な転職先を見つけてもらえばスムーズに話が進みますので、ムダがありません。さらに、高待遇を手に入れる事も可能となりますので、人気があるようです。

>> TOPページで看護師転職サイトの人気ランキングをチェックしよう!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 看護師さんのための転職サイト<診療科目別> All Rights Reserved.